Top >  グアム・サイパン・ロタ >  グアム・サイパン・ロタでの生活と住まい

グアム・サイパン・ロタでの生活と住まい

グアム・サイパン・ロタでの滞在は、リゾート地のホテルがメインとなり、グアムやサイパンでは短期滞在用のキッチン付きアパートメントホテルやコンドミニアムもあります。ロタでは、コンドミニアムなどはまだ数少なく、1年以上の契約が必要なところがほとんどで、ホテルでの滞在が中心となります。

また、グアムやサイパンにはキッチンや電化製品などの設備が整った短期用のアパートがいくつかあり、月単位で約15万円前後で利用できます。ホテルではロングステイ用のプランなどがあるところもありますが、全体的にロングステイの住まいとしては選択技が狭いようです。もう少し選択技が増えてくれば、海外ロングステイの滞在地として注目度も上がってくるのでしょう。

グアムやサイパン、ロタでのロングステイは、温暖で美しい自然のある環境がとても身近な距離にあることが最大要因となり、マリンスポーツをはじめゴルフなど様々なアクティビティも充実しており、日本語もかなりの確立で通じるところにあります。ただ、長期滞在に必要な手頃な住環境がいまだ発展段階にあり、あまり充実していないのが難点です。

北マリアナ連邦にはリタイアメント・ビザの制度があり、現地に15万ドル以上の投資をすることで5年ごとに更新できるビザが取得できますから、海外移住・ロングステイ候補地としては今後の充実に注目していきたいところです。

グアム・サイパン・ロタ

グアム・サイパン・ロタ(マリアナ諸島)は、日本から約3時間の距離にあり、何と言ってもその近さが大きな魅力の一つです。年間の日本人観光客数は100万人にも達し、それに加え古くから日本の文化が根付いていることもあり、日本語が通じやすく親しみやすい滞在地と言えるでしょう。ただ、移住やロングステイ用の住まいが充分あるとは言えず、そうしたインフラが整えばさらに魅力の増す滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク