Top >  オーストラリア >  ブリスベンでの過ごし方

ブリスベンでの過ごし方

街の中心部には、近代的な高層ビル群に混じりイタリア・ルネッサンス風の市庁舎に代表される歴史的建造物が違和感なく残っており、リバーサイドには洒落たブティックやレストランが集まっています。フォーティチュード・バリーにある中華街ではアジアの息吹が直接感じられます。電車やフェリーで手軽に出かけ、そうした街中をのんびり散策してみるのもブリスベンらしい都会的な過ごし方です。

イーンストリートモールからビクトリア橋にかけてのサウスブリスベンには、美術館や博物館、万博跡地のサウスバンク・パークランド、コンサートホール、などが立ち並ぶクイーンズランド文化センターがあります。手軽に行けるそうした場所で美術や観劇、コンサートなどの鑑賞をしたり、シティホールでの無料演奏会を聴きに出かけたりと、文化都市での芸術を楽しむ生活に浸るのも海外ロングステイならではです。

市内には、大学の付属英語学校など20を超える語学学校があり、ブリスベンへの海外移住やロングステイのシニアも学ぶことができます。1ヶ月ほどの短期から1年以上の長期まで目的や滞在期間に応じて選択できます。また、街中の公園近くに併設している大学管理のテニスコートでは、使用に制限が無いところが多く誰にでも安く楽しむことができ、現地の人との交流ができる機会も生まれます。

ブリスベンの周辺部には、世界最大で最古のコアラ保護施設のローン・パイン・コアラ保護区をはじめ、ブリスベンの美しい街並みを一望できるマウントクーサなどの観光スポットもあり、シティ・トレインで少し遠出すれば、マリンスポーツのアクティビティが充実しているゴールドコーストにも手軽に行くことができ、ゆったりとビーチで過ごすこともできます。

ブリスベン近郊には、市内から車で30分以内のところにパブリックのリーズナブルなゴルフ場が数多くあり、40〜60豪ドルの利用料で楽しめます。また、打ちっぱなしなどの練習場も市内外に点在しており、初心者用にコーチがレッスンをしているところもありますから、ロングステイの機会にゴルフを始めることもできます。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク