Top >  オーストラリア >  ブリスベンの住まい-ホテル、コンドミニアム、フラットなど

ブリスベンの住まい-ホテル、コンドミニアム、フラットなど

ブリスベンでは、ホリデーアパートメントの数が少なく、カンガルーポイントのドッグサイドという高級住宅地に週1000豪ドルクラスの豪華なものがいくつかあり、ウォーターフロント地区でも週に700〜1000ドルのホリデーアパートメントというよりは高級コンドミニアムのようなところが中心となります。

月1000豪ドルクラスの適度な価格帯のフラットは数多くありますが、基本的には6ヶ月以上の契約が必要です。また、フラットを借りている人の中には、ルームシェアを募集している場合もあります。この場合には週単位での利用が可能で、トイレやバス、キッチンは共用で週当たり120豪ドル前後からあるようで、個室の電話などの設備が整ったところも多く、単独でのロングステイには、ルームシェアの方法も利用価値が高いです。

アパートメントホテルは、街の中心部では1泊160豪ドル前後、郊外で110豪ドルからあります。ホテルはあらゆるクラスが充実しており、高級ホテルで1泊160豪ドルくらいから、中級ホテルで90豪ドルくらいからあります。市内中心地にあるバックパッカーズでは、数人が共同で使用するドミトリーでも1泊25豪ドル前後、プライベートルームだと1泊90豪ドル近くで中級ホテルとあまり変わらない価格になります。

郊外では、一軒家を賃貸できるところがありますが、契約は6ヶ月以上が原則で、庭付きの家で1000豪ドルくらいからあるようです。また、郊外の海沿いには日本人が経営する民宿もあり、朝夕の食事(リクエストすれば和食もできる)付きで約60豪ドルと比較的リーズナブルに利用でき、交渉によっては食事なし自炊ベースでのロングステイもできるようです。また、郊外の農園などでのファームステイもあり、農園でのロングステイ体験を希望するシニアには有意義な選択になります。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク