Top >  オーストラリア >  オーストラリアでの車の運転と免許書

オーストラリアでの車の運転と免許書

広大な大地を持つオーストラリアは車社会ですから、場合によっては海外ロングステイで車を運転することもあるでしょう。オーストラリアでは、州によって交通法規が異なり免許に関する規定も異なります。シドニーのあるニューサウスウエルズ州やクイーンズランド州などでは、オーストラリア滞在が3カ月以内の短期滞在者の場合には、日本の免許証と免許の翻訳証明書(現地大使館・領事館で取得可)、パスポートを携行していれば運転することができます。3ヶ月以上の長期滞在ビザを持っている場合には、日本の運転免許と翻訳証明書があれば、パソコンによる簡単な学科試験(試験は英語)と視力検査だけでオーストラリアの免許が取得できます。

オーストラリアには数多くのレンタカー会社がありますが、万一の事故などの対応や補償を考えると、Avisなどの国際的にも有名な大手のレンタカー会社で借りることが賢明です。大手の場合には全土にネットワークがあり、行き先で乗り捨てることも可能ですし、乗りなれた日本車をレンタルすることも可能です。レンタカー会社によっては、日本であらかじめ予約していくと格安になることもありますので、車をレンタルすることを計画している場合には、その方法も考慮に入れるといいでしょう。

オーストラリアでの車の走行は、日本と同じ左側通行なので比較的安心して運転できますが、制限速度も日本より高速で交通量が少なく道路幅が広いという道路事情から、制限速度以上の速度で運転しがちになり事故に至ることが多いようです。また、郊外ではラウンドアバウトと呼ばれるロータリー式の交差点が多く、自分から見て右側の車両に優先権があるため、進入の際には徐行又は一時停止をする必要があります。

こうした日本とは異なる交通形式や各州の交通法規を十分に熟知しないまま車を運転し事故に至ることも多いようです。運転する際には、交通方式や現地の習慣を習熟し、速度超過などにはくれぐれも注意する必要があります。その他、夜間の運転では、カンガルー等の夜行性動物が道路を横断したり車のライトに向かって飛び出してきたりすることもあり、市街地を離れたところを夜間に運転することは控えたほうがいいでしょう。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク