Top >  オーストラリア >  オーストラリアの投資家退職者ビザ

オーストラリアの投資家退職者ビザ

2005年7月、それまでの退職者ビザが廃止となり、新たに設けられた投資家退職者ビザ制度は、投資家として長期の滞在ができるビザ制度へと変わり、充分な資産を持った退職者が投資を通しオーストラリアに利益をもたらしながら滞在する、という制度になりました。対象者は55歳以上(夫婦の場合いずれかが55歳以上なら可)で配偶者以外の扶養家族がいないことが条件で、それぞれオーストラリア移民局認定の民間健康保険への加入も義務付けられます。

投資の方法は、地方の低人口の成長地域での投資と地域を限定しない投資の2種類があり、それぞれ条件が異なります。ビザの有効滞在期間は4年で、期限満了時に同様の資格が満たされていれば、さらに4年の更新が許可されます。またビザ取得者には、週20時間以内の就労が許可されます。

■地方投資の場合
1.50万豪ドル以上の資産証明
2.年間5万豪ドル以上の収入証明
3.ビザ申請時に50万豪ドルの投資

■地域限定なしの投資の場合
1.75万豪ドル以上の資産証明
2.年間6万5千号ドル以上の収入証明
3.ビザ申請時に75万豪ドルの投資

【必要書類】
@申請書
A移民局認定医療機関の健康診断書
Bパスポート
C無犯罪証明書
D資産、収入の証明書類
E戸籍謄本

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク