Top >  台湾 >  台南でのショッピングとレストラン

台南でのショッピングとレストラン

台南での買物は、西門にある巨大な日系大手デパートの新光三越がありますが、高雄まで足を伸ばすと日系の大型デパートが数多くあり、時々は散歩がてら電車に乗って高雄まで買出しに出かける海外ロングステイヤーもいるようです。地元ローカルデパートでは、かつて街一番の繁華街だった中正路にある林百貨や遠東デパートが交通の便も良く便利です。台南駅からは、三越や遠東デパート、ワーナービレッジ、長距離バスターミナルを巡回する真っ赤な無料バスが運行されており、買い物や食事に利用できます。

台南では、フランス系のカルフールやFocus、京華城ショッピングモールなどの大型ショッピングモールもあり、スーパーマーケットも数多くありますので買物する場所には不自由しませんが、生鮮食料品などは、町に5、6箇所ある公共市場で手に入れるのが安くて新鮮なようです。日本本食材も、新光三越地下のスーパーマーケットでは、随分豊富な品揃えとなっており、おおよそのものはここで揃います。

台南の夜市では、台南名物の虱目魚(サバヒー)という魚を使った粥やビーフンが絶品で、他にもタゥタゥオ魚羮や牡蠣捲、蝦巻、牡蠣仔煎など海に面した台南ならではの小吃が数多くあり、小吃店ばかりでなく立派な海鮮料理店でも味わえます。また、蝦仁飯というエビをご飯にのせた丼も名物のひとつで、矮仔成蝦仁飯という店では、創始者が日本統治時代に日本料理を学び、日本人の口に合うような料理を作ったのがこの蝦仁飯だ、というようなエピソードも残っています。他にも担仔麺もここ台南の名物で、台北あたりのものとは料理の方法が随分違うようです。

ファストフード関係も、欧米系や日系、地元系の様々なものがデパートやショッピングセンターに入っていて気軽に利用できます。日本食レストランも数多くあり、ラーメン屋や焼肉屋、カレーやグラタンなど日本風洋食、居酒屋、割烹風和食処まで揃っており、地元の人も日本食にはなじみが深いようです。

台湾

台湾は、温暖で情緒的な景色と豊かな自然を持つ国で、かつて日本の統治下にあり今なお日本に対する憧憬と親しみを持つ人々の多い国です。治安も良く都会の利便性もあり、また親日度も高いことから、他のアジア諸国と比較すると多少物価は高くなりますが、日本人海外ロングステイヤーには人気の高い滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク