Top >  フィリピン >  ダバオでの生活

ダバオでの生活

バオ市の目の前に浮かぶサマール島ではアクティビティも充実しており本格的ビーチリゾートが楽しめ、また、夜間照明のついたテニスコートも完備しています。ダバオには、格好のダイビングスポットもあり、市内にはダイビングショップも多く、シニア用のダイビングスクールもあり、ここで練習してライセンスを取得する海外ロングステイヤーもいるようです。最近では、日本人インストラクターもおり、安心して講習が受けられます。ダイビングは苦手だけどシュノーケリングならできそうだという場合には、ダイバーズショップでギア一式をレンタルしていますから、近場で手軽に楽しめます。

ダバオには、18ホールのゴルフ場が3箇所、9ホールのゴルフ場が1箇所あり、いずれも市内か近郊で、気が向いたらすぐに行けるという手軽さでプレーすることができます。市内のメイン道路沿いにある「ラナン・カントリー・クラブ」は市街地からすぐで最高の立地ですが、ここには一年間の会員制度があり、1万5千ペソの年会費を払うと毎日プレーしてもグリーンフィは無料という制度で、多くの海外ロングステイヤーがメンバーとなっているようです。夫婦で入会すると女性は無料という特典もあります。

ダバオの街の背後には、フィリピン最高の標高3144mのアポ山がそびえ、美しい湖や渓流、滝、洞窟、咲き乱れる蘭の花など豊かな自然が一杯で、ハイキングやトレッキングにも最適です。また、アパ山にはラフティングのできる急流もあり、自然や川岸の人々の営みを眺めながら川下りが体験できます。

フィリピン

フィリピンは、日本からも近く温暖で豊かな自然がある国で、リタイア後の年金を中心として暮らすには、物価も安く経済面でも大きな魅力のある国です。治安面でやや安定さにかける地域もありますが、海外移住・ロングステイの候補地となるような地域では、一般的な防犯意識を持っていればさほど心配することのない国です。

関連エントリー


スポンサード リンク