Top >  ベトナム >  ダラットでのショッピングとレストラン

ダラットでのショッピングとレストラン

ダラットにはデパートやショッピングセンターはなく、買物の中心はダラット中央市場になり、食料品や日用品などは何でも揃います。他の地方の市場ではあまり見られない花専門店や、野菜も特産物のダラット水菜などがあり、それらは日本へも輸出されているようです。食料品屋さんではアーテイチョークのお茶を扱うところも多く、ダラット特産のイチゴのジャムやコーヒーなども並び、またニャチャンから海産物も届くようで、エビやイカの干物なども充実しています。

2005年、ダラット市場のすぐ近くに3階建ての小さなショッピングセンターのようなものがオープンし、衣料品や生活雑貨などを扱う店とレストランやカフェが入っており、お茶や揚げ春巻に麺、ベトナム風ぜんざいチェーなどのおやつもあり、ダラット滞在者の憩いのスポットにもなっているようです。
ダラットには、ベトナムを代表するワインブランドの「Vang・Dalat」があり、最近では通常のワインの他にかなりアルコール度数の強いストロングワインも登場したようです。紅茶もダラットの特産品で地場メーカーの「Linh’s」の直売店も街中にあります。

ダラットの中心部には、屋台などがあまり多くなく、経済的に食事ができるところは他地区に比べると少ないですが、夕方になるとニャチャンから来る干しエビで出汁をとったダラット独特の麺や貝の屋台、バインミーというフランスパンのサンドなどの屋台が中央市場の辺りに 数多く出ていますし、フォーや肉まんの美味しい大衆食堂などでは地元の人たちで賑わっています。

街中のレストランは観光客価格が設定され他地区に比べると多少割高ですが、その分料理自慢のところが多いようです。ダラット特産の野菜スープが美味しい繊細なベトナム料理や中華料理、フレンチを中心とした西洋料理のレストランやカフェが、比較的リーズナブルなところからソフィテルのフレンチレストランのような高級店まで揃っています。また街中には至るところにカフェやカラオケがあり、ベトナム人のハネムーンカップルや家族連れにとても人気があるようです。

ベトナム

ベトナムは、少し前までは戦争というイメージが強かった国ですが、近年のドイモイ政策で開放的な国に変貌し、日本でも若い女性を中心にベトナムブームが訪れたほどです。フランス文化の影響を残す街並みや雄大な世界遺産、またリゾート地も魅力のひとつですが、とりわけ物価の安さが大きな魅力となる滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク