Top >  ベトナム >  ニャチャンでの生活

ニャチャンでの生活

ニャチャンでは、何といってもマリンスポーツが一番で、ビーチではパラセーリングやウィンドサーフィン、ジェットスキーなどのマリンスポーツが楽しめます。豊かな自然が魅力の沖合いの小島では、珊瑚の林の中をシュノーケリングや本格的なダイビングで楽しむことができます。街には本格的なダイビングショップもあり、レインボーダイブのように日本人インストラクターのいるところもありますから、初めての場合でも安心して学ぶことができ、海外ロングステイの機会にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

ニャチャンビーチは、お弁当を広げたり砂浜で海を眺めてくつろぐ地元の人々も多く、地元の人々とリゾートに来た人々が仲良く混在して遊べるビーチで、気軽に利用できるアクティビティも充実しています。ニャチャンでは、早起きするのがいいようで、ニャチャンビーチでは、東に面した海の水平線から南海の大きな太陽の日の出を拝むことができます。ニャチャンビーチの他にも素晴らしいビーチがあり、車で北へ80kmのところにあるダイランビーチでは、人影も少なく水も澄み切っており、時間を気にせずゆったりと過ごすにはいいビーチです。

街の周りには遺跡や見所も多くあり、ビーチから北へ車で5分ほどの距離にあるチャム王国のポナガー遺跡では、ヒンズー文化を持った中世ベトナムの名残がうかがえます。他にも、9世紀初めに建てられたチャンバ寺院、大仏のある龍山寺、昔の王様の別荘地だったバオダイなど、気軽に行ける距離にあります。また、漁港へ出かけて魚の水揚げを見たり素朴なベトナムの海の生活を感じたり、港にある観光船乗り場から船に乗って小島巡りをすることもできます。

最近では、郊外に天然温泉もオープンし、温泉の滝や泥パック、高圧温泉シャワーや温泉プールなど施設や設備が充実しており、またマッサージ施設やレストランなども併設されており、ゆっくり体を癒すにもいい海外移住・ロングステイ滞在地です。マッサージは街中にもありますから、疲れたときなどには気軽に出かけることができます。

ベトナム

ベトナムは、少し前までは戦争というイメージが強かった国ですが、近年のドイモイ政策で開放的な国に変貌し、日本でも若い女性を中心にベトナムブームが訪れたほどです。フランス文化の影響を残す街並みや雄大な世界遺産、またリゾート地も魅力のひとつですが、とりわけ物価の安さが大きな魅力となる滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク