Top >  ベトナム >  ハノイの住まいと滞在費

ハノイの住まいと滞在費

ハノイのホテルは、ソフィテルメトロポールなど長い歴史を持つ高級ホテルなどでは1泊100〜200ドル以上しますから、長期での滞在には不向きとなります。1泊30ドルからの中級のホテルは多くありますが、供給過剰となっていて大幅な割引をするところもあります。手頃で利用しやすいのは、やはりミニホテルで、旧市街にはフレンドリーで清潔なミニホテルが数多くあり、オーナーがかつて日本で働いていたことのあるヴィエッ・タンホテルは日本人に対してとても好意的で居心地がいいようです。料金はホーチミンより全治的に高めで1泊15〜30ドルです。

サービスアパートメントは、ホーチミンと同様に駐在員向けに数多くあり、やはり月に1000ドル以上の物件が殆どです。ハノイの中心部から少し郊外に向かうと、比較的リーズナブルなアパートがあり、簡単な家具とホットシャワーが付いて1DKで200〜400ドルくらいの手頃な物件が見つかり、ハノイでの海外ロングステイを始めている日本人も住んでいます。そのあたりでは同価格で一軒家も借りることができますが、やはり治安のことを考えるとお勧めできません。

ハノイでの滞在費は、夫婦2人の予算で、住居費を抑えた場合には光熱費と合わせて約500ドル、食費は時々日本食を外食した場合約400ドル、交通費や趣味の遊行費と雑費が400ドル、合計1300ドルとなり約15万円でのんびりとした生活ができます。

ベトナム

ベトナムは、少し前までは戦争というイメージが強かった国ですが、近年のドイモイ政策で開放的な国に変貌し、日本でも若い女性を中心にベトナムブームが訪れたほどです。フランス文化の影響を残す街並みや雄大な世界遺産、またリゾート地も魅力のひとつですが、とりわけ物価の安さが大きな魅力となる滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク