Top >  マレーシア >  マレーシアへの海外移住とロングステイ

マレーシアへの海外移住とロングステイ

マレーシアは、アジアの中でもシンガポールに次いで治安が良く、政治的にも経済的にも安定し、海や山、ジャングルなどの豊かな自然環境と、クリーンな街のイメージ、物価の安さ、親日的なところもあって、ここ数年、海外ロングステイ候補国として海外移住を考えている人々の間で人気が高まっています。公用語はマレー語ですが、多民族間の共通語として英語が使われることもあり、何処でも英語がよく通じます。

マレーシアへの移住とロングステイ国内での都市間交通は、マラヤ鉄道がタイ国境からシンガポールまで東線と西線に分かれて縦断しており、その乗り心地はこの地域随一と言われています。それ以外の地域での都市間移動は、整備された高速道路網を行きかう長距離バスや乗り合いタクシーが中心となります。

また、国内の主要都市はマレーシア航空のほか格安航空会社などで結ばれている他、それぞれの都市から近隣国への空路も充実しています。日本との間には、マレーシア航空と日本航空が、東京や大阪、名古屋、福岡の主要都市とクアラルンプールやコタキナバルの間に毎日直行便を就航しています。

治安面では、殺人などの凶悪犯罪に巻き込まれることは少ないですが、強盗もまれに発生し空き巣や忍び込みなど進入窃盗は多くなっており、人通りの少ない場所でのひったくり、繁華街でのスリは結構発生しているようですので、住居の施錠、夜間の単独歩行を避ける、貴重品を入れたカバンなど目の届く位置で持つなど、防犯対策はしっかりやりたいものです。

マレーシア

マレーシアは、とても治安が良く政治経済も安定した国で、豊かな自然環境と都市の清潔さが際立つ国です。マハティール前首相の東方政策による親日度の高さや物価の安さなどが注目され、ここ数年ロングステイの人気度が相当高まっている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク