Top >  ロングステイ先の住まい >  ベッドアンドブレックファースト(B&B)などでの宿泊

ベッドアンドブレックファースト(B&B)などでの宿泊

ヨーロッパやオセアニアにある個人が運営している小規模の宿泊施設で、一般的には2組から多くても5組程度のゲストを受け入れる民宿のような家庭的な施設です。宿泊料金はホテルよりも若干安く設定されており、一般家庭の部屋を宿泊する部屋として提供し、朝はそこの家族と共に朝食をとるといったスタイルで、そこの家族との交流や雰囲気が気に入って長く滞在する人もいるようです。

ニュージーランドやオーストラリアなどには日本人経営のB&Bもあり、現地の言葉や環境に馴染むまでそうしたところで滞在し、気持ちの準備が整ってから他の滞在地へ移動する人もいるようです。

他にも、ユースホステルやバックパッカーズなどといった経済的な宿泊施設があります。数台のベッドがある大部屋から個室までそのタイプは様々ですが、基本的にはシャワーやトイレは共同となっています。従来は若者向けの宿だったのですが、最近ではシニア層の利用も多く、日本でも同様の宿泊施設がありますが、世界の様々な国からあらゆる年代層の人々が訪れているようで、アクティブな行動派に向いたタイプの宿泊施設です。

ロングステイ先の住まい

海外移住・ロングステイ先で滞在する住まいには、国によって違いはありますが、ホテルをはじめB&Bやユースホステル、サービスアパートメントやコンドミニアム、一般のアパートメント、ホームステイなど様々な形態があります。目的や滞在期間、予算なども考慮したうえで選んでいきたいものです。

関連エントリー


スポンサード リンク