Top >  ロングステイ先の住まい >  ロングステイ先の住まい−様々なスタイル

ロングステイ先の住まい−様々なスタイル

海外移住ロングステイをする際のベースとなるのが滞在地の住まいです。ロングステイを受け入れている土地では、海外から来るロングステイヤーのために様々な形態の宿泊施設を用意しています。短期のロングステイの場合には、掃除や食事の用意をする必要のないホテルやそれに準じた宿泊施設を利用する人も多いようですが、少し滞在期間が長い場合には、コンドミニアムやアパートを借りて現地の生活により近づいて暮らしてみるのも楽しみです。

また、滞在を1か所に固定せず観光名所や旧跡などを巡る場合には、B&Bやユースホステル、バックパッカーズホステルなどが適しているでしょう。車で移動する場合には、国によってリーズナブルなモーテルが発達しているしているところもあり、シンプルで快適な滞在ができます。

長期のロングステイとなって住居を購入する場合も出てくるでしょう。国によっては外国人が一軒家を購入することも可能ですし、コンドミニアムなどのアパートは殆どの国で購入可能です。滞在先の住まい環境は、ロングステイの暮らしの基礎となるものですから、その滞在目的や予算に合わせて色々と検討してみることが大切です。

ロングステイ先の住まい

海外移住・ロングステイ先で滞在する住まいには、国によって違いはありますが、ホテルをはじめB&Bやユースホステル、サービスアパートメントやコンドミニアム、一般のアパートメント、ホームステイなど様々な形態があります。目的や滞在期間、予算なども考慮したうえで選んでいきたいものです。

関連エントリー


スポンサード リンク