Top >  移住地選びのお役立ち情報 >  滞在地の気候

滞在地の気候

自分が滞在しようと計画している国の気候についても、若い頃とは違いシニア層にとってはロングステイ先選択の大きなポイントになります。年間を通して温暖な国もありますが、国によっては日本の四季の変化とは違った季節の変化もあります。

オーストラリアのように年間を通じて比較的温暖で真冬でも日中は20度近くになる国もありますし、年間を通じて暖かな気候が魅力のタイやマレーシアなどアジアの諸国では、季節によっては酷暑となる時期もあります。

同じアジアでも、マレーシアのキャメロンハイランドの場合には、標高の高い地域にあって年間温度が18〜24度と常春の穏やかな温暖気候ですし、同じ国でも地域によって気候が大きく変わるところもあります。また、南半球にある国々では日本と季節が反対ですから、日本の厳しい寒さを避けて温暖な気候をを求めるのにはいい選択になります。

このようにロングステイには、自分の好きな、体に合った季節を選んでその地に滞在する、ということも可能になります。ロングステイをする時期にもよりますが、自分に合った気候を持つ国を選択するためにも、一度はその国の希望する地域に出かけて行って実際にその気候や風土を体験してみることが大切です。

移住地選びのお役立ち情報

海外移住やロングステイを計画している国の気候やビザ制度、住まいとなる施設の費用や物価、生活費がどのくらい掛かるのか、食生活はどうなのか、日本食材や日本食レストランはあるのか、治安、医療、生活環境、交通事情など、日本とは異なることが多々ありますから、あらかじめ調べたり理解しておく必要があります。

関連エントリー


スポンサード リンク