Top >  アメリカ合衆国 >  オアフ島での滞在

オアフ島での滞在

オアフ島は、ハワイ諸島の中でも日本人が一番多く訪れる島で、世界最大のリゾート・アイランドとして世界各国からのツーリストが集う島です。オアフ島にある州都のホノルルは、医療面でも非常に高いレベルと優れたサービスを持っており、また食事や買物などにおいても都市としての機能が全て揃っており、すぐそばに自然が大きく広がっていて余暇を過ごすにも充実した環境を持つ都市です。また、日系人が多く住むことから日本人にも親しみやすく、日本語が街のあちこちで通じることもあって、日本人の海外ロングステイヤーの多い街でもあります。

日本からオアフ島のホノルル空港へは、日本航空や全日空、アメリカ系航空会社が成田や中部、関西から毎日直行便を就航しており、その便数も直行便だけで20便を超えます。所要時間は成田から約6時間30分、ホノルルからの復路は偏西風の関係で1時間ほど余分に掛かります。空港からホノルル市内中心部までは、エアポート・シャトルバスやザ・バスという市バス、リムジンタクシー、一般のタクシーなどが運行しており、所要時間はおよそ30〜40分、ザ・バスの場合は約50分です。

オアフ島内での公共交通機関は、ザ・バスと呼ばれる市バスで島全体を網羅する90以上の路線を持ち、4000を超える停留所で利便性をはかっており、地元の人の足として重要な交通手段となっています。その路線の多さから、最初は戸惑う海外ロングステイヤーも、ある程度の要領がわかれば安くてとても便利な乗り物となります。また、レトロな車体を持つワイキキ・トロリーバスも、レッドやブルー、イエロー、ピンクと4種類の目的別路線を持ち、観光やショッピングには便利な乗り物です。そのほか、大型ショッピングセンターなどがショッピングセンターと主なホテルを結んで運行しているシャトルバスも、使い方次第では便利な乗り物です。

オアフ島での住まいは、ワイキキ周辺に立ち並ぶリゾートホテルやコンドミニアム、ホノルル市内の一般賃貸アパートが中心となります。リゾートホテルは価格の幅もあり一概には言えませんが、手頃なタイプから豪華な高級リゾートまで多様な種類が揃っています。コンドミニアムは、やはり他の地区と比べて少し高くなり、ワイキキ周辺の1ベッドルームだと月1500ドル以上となります。北部のノースショア辺りには手頃なアパートメント・ホテルもあり、月1100ドルくらいからあります。賃貸アパートは、市内の便利なところの場合、ワンルームで月900ドル〜1200ドルくらいで利用できます。郊外には日本人経営のB&Bなどもあり、1泊140ドル前後で利用できるようです。

アメリカ合衆国

アメリカの大都市などでは治安の悪いところもありますが、カリフォルニアやハワイなど治安も良く自然の豊かな地域もあります。物価面では高めとなりますが、都市の充実した環境と自然を同時に楽しめる滞在地が多く、利便性を求める海外ロングステイヤーに人気の高い地域です。

関連エントリー


スポンサード リンク