Top >  グアム・サイパン・ロタ >  太平洋諸島での海外ロングステイ候補地

太平洋諸島での海外ロングステイ候補地

太平洋に点在する島々の中には、海外移住ロングステイの候補地としてはまだそれほど注目はされていませんが、日本人が滞在するのに適した候補地がいくつかあります。

日本人観光客が数多く訪れる馴染みの深いグアムやサイパン、ロタといったアクセスに便利な島々から、南太平洋のフィージーやタヒチ、ニューカレドニアなど日本から随分離れた島々まで、それぞれ独自の魅力を持っており、今後は注目される可能性を持った滞在地となります。

グアムや北マリアナ諸島のサイパンの魅力は、何といっても日本から3時間のロケーションとその豊かな自然にあるでしょう。日本人観光客が数多く訪れることから、観光関係に従事する日本人が相当数在住し、また過去に日本が統治していたこともあり地元の年配者には日本語が通じるということも今後注目される大きな要素になります。

南太平洋のフィジーやタヒチ、ニューカレドニアは、日本とは随分離れた距離にあり、在住日本人も少なく日本人向けのサービスもまだあまり期待できません。しかしそれだけに、日本の文化から離れ現地の文化や習慣により深く触れるロングステイが望めることもあり、海外ロングステイを一通り経験した上級者にとっては新鮮な地域となる可能性を持っています。

また、 グアムや北マリアナ諸島、フィジーなどは物価も安く生活費も抑えられますが、他の南太平洋諸島ではそのロケーションから家賃などは高めの傾向で、それぞれの利点をどう捉えていくかにより海外ロングステイ候補地としての見方は変わってくるでしょう。

中には、年金生活者に対してリタイアメントビザの制度をとっているところもあり、これらの太平洋諸島は旅行地としてだけではなく、海外移住やロングステイ候補地としても有望な可能性を持った地域です。

グアム・サイパン・ロタ

グアム・サイパン・ロタ(マリアナ諸島)は、日本から約3時間の距離にあり、何と言ってもその近さが大きな魅力の一つです。年間の日本人観光客数は100万人にも達し、それに加え古くから日本の文化が根付いていることもあり、日本語が通じやすく親しみやすい滞在地と言えるでしょう。ただ、移住やロングステイ用の住まいが充分あるとは言えず、そうしたインフラが整えばさらに魅力の増す滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク