Top >  ニュージーランド >  オークランドの住宅事情

オークランドの住宅事情

市の中心部のシティと呼ばれる地域には、高層の高級分譲アパートをはじめ外国人の移住者、ロングステイ、留学生向けのアパートも数多く建設されています。グレイリンやマウント・イーデン、タカプナなどは、市内中心部からも近い割りに家賃が比較的リーズナブルな地域です。レミュエラやオラケイ、コヒマラマなどは、豪邸が立ち並ぶ高級住宅街で、高級アパートメントホテルなどもある地域です。また、南部のマンガレやオタフフなどはニュージーランドで最も犯罪発生率が高い地域です。

オークランドでは、キッチンが付いたホテルタイプの豪華なサービスアパートメントの場合、1ベッドルームで週700〜1500NZドルは覚悟する必要があります。一般アパートの賃貸では、中心部から1ステージ以内で週300〜500NZドル、2ステージ以内で週250〜450NZドル、3ステージ以上は週220〜400NZドルくらいです。また、一軒家を賃貸する場合には、一般アパートの3〜5割増くらいがその相場です。

ホテルは中高級のホテルが数多くありますが、変わったところでは、日本人が経営するバックパッカーズのSurf・N・Snowのように、ロングステイの日本人を対象に、バス・トイレつきの部屋が1泊90NZドルから用意されているところもあります。

ニュージーランド

ニュージーランドは、氷河のフィヨルドや羊が草を食む牧草地など自然環境の豊かさに魅かれて訪問する日本人シニアの多い国で、海外移住・ロングステイ候補地としても今後より期待の高まる国のひとつです。日本に対する関心が高く、親日的な人が多いことから当地を海外ロングステイの滞在地に選ぶ人も数多くいます。

関連エントリー


スポンサード リンク