Top >  スペイン >  コスタ・デル・ソルでの生活

コスタ・デル・ソルでの生活

コスタ・デル・ソルの中心となるマラガは大きな街で、街中にはエル・コルテ・イングレスなどのデパートやロサレダショッピングセンターなどの大きなショッピングモール、スーパーマーケットなどが数多くあります。また、マルベージャも大型のショッピングセンターや映画館などが揃う近代的な街で、そのほかのリゾート地にもショッピングセンターやスーパーマーケットなどがあり、昔からある市場では新鮮な野菜や魚介類が手に入りますから日常の買物には困ることはありません。日本食材はマドリッドにあるトーキョー屋本店の宅配サービスを利用するか、マラガにあるエスニック食材店の東方超市で入手することができますし、日本米はイタリア産が各スーパーマーケットなどで手軽に手に入ります。

コスタ・デル・ソルでは、アンダルシア地方の特産であるオリーブを多用した料理が多く、ガスパッチョという冷たいスープなどもアンダルシア地方の料理で、レストランなどではよく出てきます。コスタ・デ・ソルは海岸地域ということもあり、レストランやバルでも魚介類を中心としたシーフード料理が多く、日本人の口に合うものが多いようです。トレモリノスの海岸一帯には海の家タイプのチリンギートという庶民的な食堂が立ち並び、鰯の串焼などの新鮮な魚介類が味わえますし、その先のカリウエラという漁村はシーフードレストランの集合群となっており、その日とれた魚のフライ盛り合わせなどが手軽に味わえます。また、コスタ・デル・ソルでは各国からの海外移住やロングステイで滞在する人々が多いことから、ヨーロッパをはじめ中華やタイなどの様々なエスニックレストランも数多く揃っています。日本食レストランも、マラガやマルベージャ、トリモリノスなどに数軒あります。

コスタ・デル・ソルは海岸リゾート地でマリンスポーツはあらゆるものが揃っており、シュノーケリングやダイビング、セイリングなどのスクールも充実しておりますから、初めて挑戦するシニアにも安心して体験することができます。美しい海岸線が続く静かなビーチも数多くあり、何もせずにのんびりくつろいでビーチ沿いのチリンギートを冷やかすというのもロングステイならではの楽しみでしょう。また、コスタ・デル・ソルは別名コスタ・デル・ゴルフとも呼ばれ、近郊に約50のゴルフ場が集まっており、手軽なところでは60ユーロから楽しむことができます。

小旅行では、アンダルシアの白壁の街並みが続くネルハなど近郊の街巡りをしてアンダルシアの文化に触れるのもいいですし、少し遠出をすればフラメンコと闘牛の有名な美しい州都のセビリアなどにも手軽に行くことができ、スペインの歴史や文化を身近に体験することができます。

マラガは、巨匠ピカソの生誕の地としても知られ、ピカソの生家はギャラリーとして今も保存されており、最近ではピカソ美術館もオープンしましたから、マラガセントロに乗って生鮮市場やアルカサバ、ピカソの生家、近代美術館、ピカソ美術館を手軽にまわるのもひとつも方法です。マラガは語学学校の多い都市としても知られ、多くの移住者やロングステイヤーがスペイン語を学んでおり、他にもフラメンコダンスのレッスンやスペイン料理の教室など、外国人向けにプログラムされたものがありますから、日本人のロングステイヤーにとっても学びやすい環境です。

スペイン

スペインは、多彩な文化が入り混じった多民族国家ですが、日本との関係は古く、日常的に米を食べる習慣もあり馴染みやすく親しみの持てる国です。温暖な気候の地中海沿岸域では世界から多くの移住者が集まり、年金ビザの制度もあることから、日本人海外ロングステイヤーにとっても過ごしやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク