Top >  スペイン >  コスタ・デル・ソルでの滞在

コスタ・デル・ソルでの滞在

コスタ・デル・ソルは南スペインのアンダルシア地方、アルメリア県からカディス県ジブラルタルにいたるまでの、約300kmの地中海沿岸部に広がるリゾート地域です。マラガの街を中心として西はベナルマデナやフエンヒローラ、マルベージャなど、新しく開発された東側にはリンコン・デ・ラ・ビクトリアやベレスマラガへとリゾート地域は拡がっており、今もなおグラナダ方面へ開発の続く地域です。穏やかな地中海性気候に恵まれヨーロッパ中から年金ビザを取ったロングステイヤーが集まる地域としても有名で、日本の海外ロングステイ候補地としても人気の高い滞在地です。また、近年になりアフリカやロシアからの海外移住も増えており、国際色も豊かでスペインには珍しく英語のよく通じる滞在地です。

日本からコスタ・デル・ソルへは、ロンドンやパリ、フランクフルトなどヨーロッパの主要都市を経由する便でマラガ空港へ向かいます。スペインの国内都市からは、マドリッドやバルセロナなど各地の空港から多くの国内線が就航しています。マドリッドからだと約1時間、バルセロナからだと約1時間半の所要時間です。マラガ空港から市内中心部へは約10km、エアポートバス、セルカニアスの近郊鉄道、タクシーの交通機関があり、エアポートバスでは約20分、タクシーでは約15分、鉄道は空港を出て5分の空港駅から約10分の所要時間です。また、国内の都市からはセルカニアスの長距離鉄道でも向かうことができ、マドリッドからだとマラガ中央駅まで約4時間半、バルセロナからは約12時間の所要時間です。

市内の交通の公共交通の中心はバスで、中央バスステーションを中心として市内をほぼカバーしており、近郊への中距離バスも数多くの路線があります。また、Malaga・Tourという観光パスを利用して24時間の乗り降りが自由にできるマラガセントロという観光バスもあります。トレモリノスやベナルマデーナ、フエンヒローラなどのリゾート地へはセルカニアスの近郊列車の路線もあり、バスとの共通チケットや乗換カードの利用ができて利便性が高いです。タクシーは市内中心部を流しており、それを捕まえるのが一般的です。

コスタ・デル・ソルでの滞在は、リゾート地らしく海岸地区には数多くのリゾートホテルが並び、フェンヒローラやマルベージャなどのリゾート地ではビレッジホテルとも呼ばれるアパートメントホテルが多くあり、1泊50から100ユーロくらいで利用できます。マラガ近郊の一般家庭でのホームステイも可能で、週200ユーロくらいからあります。また、リゾート用の賃貸コンドミニアムも数多くあり、アパートメントホテルと同様の条件で利用できます。賃貸のマンションタイプのピソならマラガ市内で探すことになり、2ベッドルームで月800ユーロ前後で借りることができますが、夏のシーズンだけ借りるとなると5割から10割増になる場合が多いようです。またマラガ市内から程近いトレモリノスにはラ・ルナ・ブランカという日本人経営のホテルがあり、キッチン付きで1泊90ユーロから利用できます。

スペイン

スペインは、多彩な文化が入り混じった多民族国家ですが、日本との関係は古く、日常的に米を食べる習慣もあり馴染みやすく親しみの持てる国です。温暖な気候の地中海沿岸域では世界から多くの移住者が集まり、年金ビザの制度もあることから、日本人海外ロングステイヤーにとっても過ごしやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク