Top >  マレーシア >  キャメロン・ハイランドでのロングステイ

キャメロン・ハイランドでのロングステイ

キャメロン・ハイランドはマレーシア半島の中央部、クアラルンプールの北東200kmに位置する標高1300から1800mの高原地帯に広がるリゾートで、年間気温が18〜24度と涼しく過ごしやすい高原避暑地です。紅茶や野菜、果物、花の栽培地としても有名で、山の斜面には色とりどりの花畑や茶畑が広がり、ボー・ティと呼ばれる紅茶やマレーシア最大の野菜の産地です。

キャメロン・ハイランドは、1885年のイギリス統治時代に、イギリスの国土調査官ウィリアム・キャメロンによって開発されることになり、その名前が地名として冠され、以降はヨーロッパ系の人々の高原の避暑地として栄えてきました。数多くの観光客が涼しさと爽やかな自然を求めて訪れますが、その山中には今も先住民族のオラン・アスリが暮らしており、時には彼らとの平和的な出会いも体験できる、不思議な魅力を持ったところです。

キャメロン・ハイランドは、そうした自然の豊かさや爽やかな気候、人の穏やかさなどに惚れた各国の人々が、海外移住や海外でのロングステイエリアとして選んでいる高原リゾート地です。

マレーシア

マレーシアは、とても治安が良く政治経済も安定した国で、豊かな自然環境と都市の清潔さが際立つ国です。マハティール前首相の東方政策による親日度の高さや物価の安さなどが注目され、ここ数年ロングステイの人気度が相当高まっている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク