Top >  マレーシア >  クアラルンプールでの滞在

クアラルンプールでの滞在

クアラルンプールクアラルンプールの市街地は、高さ453mのイスラム様式を持つペトロナス・ツインタワーを筆頭とした多くの高層ビルが林立している中、イギリス統治時代の面影を残す重厚な建築物やイスラムの文化の色濃いモスクがバランスよく調和しており、その街中を様々な民族や宗教を背景に持つ人々が行きかい、その様子はまさに多民族複合国家の象徴とも言うべきマレーシアの首都をよく表わしています。

近年、高速道路や市内鉄道、モノレールなどのインフラ整備が進展し、蒼々と茂る豊かな緑とは対照的な、時代の先端を行くメガ・ショッピングモールも次々と完成しています。

クアラルンプールは名実ともに近代的で豊かなアジア有数の大都会としての地位を築きつつあり、利便的な市街地の清潔さと治安の良さは、海外移住やロングステイ候補地選択の大きなポイントとなるでしょう。

クアラルンプール 参照:ウィキペディア
クアラルンプール(ラテン文字:Kuala Lumpur、ジャウィ:كوالا لمبور)はマレーシアの首都で、国内最大都市。マレー半島南部の丘陵地帯にある。一般的にKLと略して称される。
※面積:243.6平方キロメートル
※人口:約150万人。クランバレー等近隣都市を含んだ大都市圏で約400万人。

マレーシア

マレーシアは、とても治安が良く政治経済も安定した国で、豊かな自然環境と都市の清潔さが際立つ国です。マハティール前首相の東方政策による親日度の高さや物価の安さなどが注目され、ここ数年ロングステイの人気度が相当高まっている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク