Top >  マレーシア >  マレーシアの医療体制

マレーシアの医療体制

クアラルンプールなどの主要都市には国立の総合病院や私立の総合病院、各地方には国立の地区病院や私立病院があり、どこの病院でも外国人はマレーシア人と同様に受診することができます。一般的には、クリニックなどで診察を受けた上で総合病院を紹介してもらうシステムになっているようですが、いきなり総合病院での受診も可能です。

マレーシアでは英語がよく通じるため、英語ができれば問題はないのですが、日本語の話せる医師や職員は、クアラルンプールやペナンなどの一部の医療施設にいるだけですから、持病がある場合などにはあらかじめ英文診断書を用意しておくのが賢明でしょう。

国・公立病院はほぼ常に混雑しているため、受診が必要な場合にはできるだけ主要都市にある私立の総合病院を選択するようにしましょう。ただし料金は高めとなっていますから、日本出国前に旅行保険へ加入しておく必要があります。コタキナバルのあるサバやサラワク、ジョホール州で緊急事態が生じた場合には、シンガポールの日系病院に移送するのがいいようです。

また、マレーシアでは衛生状態も良く、伝染病や風土病はまず心配ありませんが、生水などは避け、必ずペットボトル入りの飲料水を購入するようにしましょう。

マレーシア

マレーシアは、とても治安が良く政治経済も安定した国で、豊かな自然環境と都市の清潔さが際立つ国です。マハティール前首相の東方政策による親日度の高さや物価の安さなどが注目され、ここ数年ロングステイの人気度が相当高まっている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク