Top >  スペイン >  スペインの長期滞在ビザ

スペインの長期滞在ビザ

スペインでは、90日を超える滞在には滞在目的に適ったビザが必要で、日本人の海外ロングステイでは年金受給者を対象としたビザと学生ビザなどがあります。両ビザともに現地到着後は、現地警察に出向いて居住許可申請をすることが必要です。その際にもビザ申請時に提出した年金証明書や入学許可証などの書類が必要となります。

■年金受給者のビザ
年金など定期的な収入があり、スペインで滞在するに充分な資金の証明をすることができれば、非営利目的での居住ビザの申請をすることができます。取得条件は、毎月10万円を超える年金収入があることで、スペイン在日公館(大使館・領事館)に申請します。提出する公的な書類には必ずスペイン語の翻訳文を添付することが必要で、英文翻訳では受け付けてもらえません。申請後135日以内に大使館より通知が届き、通知より2ケ月以内にビザを受領する必要があります。またビザの発給日より90日以内に入国することが必要です。なお、滞在期間については現地警察の判断となります。

【必要書類】
@申請書
A健康診断書
B年金収入証明書
C無犯罪証明書
D滞在先の宿泊証明書
Eパスポート
F写真
G旅行保険などの保険契約書

■学生ビザ
年金証明などができない場合で、現地の語学学校などに就学することが決まっている場合には学生ビザの申請が可能です。学生ビザには180日までの短期と181日以上の長期があり、就学する学校の就学期間によって異なります。学生ビザを申請する際に一番大切なことは、就学先の教育機関からの入学許可証を提出することで、修学期間や授業時間数も明記されたものでなければなりません。また月額900ユーロ以上の滞在費と往復の費用をカバーする預金などの証明書も必要です。

【必要書類】
@申請書
A健康診断書
B預金証明書
C無犯罪証明書
D滞在先の宿泊証明書
E入学許可証
Fパスポート
G写真
H旅行保険などの保険契約書

スペイン

スペインは、多彩な文化が入り混じった多民族国家ですが、日本との関係は古く、日常的に米を食べる習慣もあり馴染みやすく親しみの持てる国です。温暖な気候の地中海沿岸域では世界から多くの移住者が集まり、年金ビザの制度もあることから、日本人海外ロングステイヤーにとっても過ごしやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク