Top >  スペイン >  スペインの滞在ビザ

スペインの滞在ビザ

スペインへの入国では、日本国籍のある人が観光目的でスペインを訪れる場合には、帰国日まで有効なパスポートを所持していれば、90日以内の滞在では事前にビザなどの取得は必要ありません。91日以上の滞在を希望する場合には、年金受給者の長期滞在ビザや学生ビザを事前に申請・取得しておくことが必要です。また、日本からEUのシェンゲン協定加盟国を経由してスペインへ行く場合には、乗り継ぎ空港でEU圏への入国審査があり、スペインでの入国審査は不要になります。

シェンゲン協定とは、ヨーロッパ内での出入国の簡素化を図ることを目的として1995年に発足したEU内での協定で、協定国以外(EU加盟国以外)から協定国に入国する場合には、最初に入国する協定国で入国手続きを行い、協定国から協定国以外の国に出国する場合には、最後に出発する協定国において出国手続きを行います。したがって、空港ではシェンゲン協定国間を移動する人と、協定国外から入国したり協定国外へ出国する人は、別々のターミナルを使用することになります。

2006年現在、シェンゲン協定には、EU加盟国であるスペイン、ポルトガル、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、フランス、イタリア、ギリシャ、オーストリア、スウェーデン、フィンランド、デンマークノルウェー、アイスランドなどが加盟しています。

スペイン

スペインは、多彩な文化が入り混じった多民族国家ですが、日本との関係は古く、日常的に米を食べる習慣もあり馴染みやすく親しみの持てる国です。温暖な気候の地中海沿岸域では世界から多くの移住者が集まり、年金ビザの制度もあることから、日本人海外ロングステイヤーにとっても過ごしやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク