Top >  海外ロングステイの基礎知識 >  海外移住・ロングステイの滞在地

海外移住・ロングステイの滞在地

海外移住ロングステイをしている人々は、その地域や環境の違いは様々ですが、短期の旅行型滞在で2週間くらい、長いもので半年くらいの滞在が多く、最近では日本の冬の間を海外の温暖な気候の国で過ごす、というスタイルが好まれてきています。気候や風土、安心できる現地日本人コミュニティの有無、趣味や嗜好などで選択する地域は様々ですが、まず第一に考慮しなければならないのは治安のよさ、安全性でしょう。

次に医療面での充実や言葉の問題、物価など生活面でのことを検討した上で、自分にとって一番相応しい場所を選んでいくべきでしょう。たっぷりある自由時間を地球上のどこでどう暮らしていくか、じっくり検討していくのも楽しい時間です。ロングステイの人気滞在国は1992年にはハワイやカナダ、オーストラリアがベスト3でしたが、2004年にはカナダやオーストラリア、マレーシアがそのベスト3になっています。

また、ここ数年、前出のマレーシアやタイ、フィリピン、インドネシア、台湾などアジアへのロングステイに関心が集まっているようです。肌の色も似通っていて、文化や習慣にも共通したところのある国での暮らしが身近に感じられるようです。

海外ロングステイの基礎知識

海外移住・ロングステイをしたいが一体どういった心構えが必要なのか、どれくらいの予算を組まなければいけないのか、年金額内で賄える海外の滞在地はあるのか、滞在先では何をすればいいのか、そうした海外移住・ロングステイの計画を始めるに際しての、基本的なことについて考えてみましょう。

関連エントリー


スポンサード リンク