Top >  海外ロングステイの基礎知識 >  日本をベースに海外ライフ

日本をベースに海外ライフ

ロングステイというと、以前は移住や永住の意味合いを連想したものですが、最近では、生活の基盤は日本に置きながら、自分の好きな国で好きな時に好きなことをして暮らす、そうしたライフスタイルとしての海外移住を意味するようになってきました。

季節の変化に合わせ、日本が寒い季節には南半球や気候の温暖な東南アジアへ、また反対に暑い時期にはカナダや南半球へ、自分の健康状態や環境に合った海外での生活を過ごす人、毎年1〜数ヶ月を海外でゆったり過ごす人、数週間を海外の違った環境で過ごす人、語学や現地での習い事、スポーツ、さらにはボランティアなど趣味や嗜好、興味を持つことで過ごす人など、そのスタイルは期間も目的も様々です。

ロングステイという言葉の生みの親である財団法人ロングステイ財団では、「ロングステイとは海外で学び、遊び、触れ合い、心の豊かさを感じることのできる海外滞在で、移住でも永住でもなく2週間以上の滞在で帰国を前提とした海外滞在型余暇」、と位置づけています。

日本という国に生まれた私達にとって、日本は住みやすく素晴らしい国で、そんな暮らしのできる日本を否定してしまうのではなく、文化や環境の違う海外での生活を楽しんだり現地の人々との交流を持ったり、新しい何かにチャレンジしてみたい、そうした新たな生活を体感する生き方としてロングステイを捉えていくことが大切です。

海外ロングステイの基礎知識

海外移住・ロングステイをしたいが一体どういった心構えが必要なのか、どれくらいの予算を組まなければいけないのか、年金額内で賄える海外の滞在地はあるのか、滞在先では何をすればいいのか、そうした海外移住・ロングステイの計画を始めるに際しての、基本的なことについて考えてみましょう。

関連エントリー


スポンサード リンク