Top >  カナダ >  カナダでの住まいと滞在費

カナダでの住まいと滞在費

カナダにロングステイや移住する場合には、一般的なホテルやサービスアパートメント、コンドミニアム、一般的なアパート、B&B、一般の家庭へのホームステイなどの宿泊施設や住まいがあります。

賃貸物件の場合、一般のアパートでは通常は最低1年の契約期間となり、中には半年くらいの契約に応じてくれるところもありますが、一般的には長期滞在以外では賃貸するのは難しいようです。サービスアパートメントでは、週単位からの賃貸が可能で、家具や電化製品も生活に必要なものはすべて揃っており、、メイドサービスやセキュリティも充実していますから、短期から数ヶ月の滞在には便利です。賃貸費用は地域や季節により違いがありますが、おおよそ月に2000カナダドルくらいから利用できます。

また、1ヶ月以上の滞在ではコンドミニアムを賃貸することができ、日本人不動産業者も多くあり、言葉に不自由することなく相談ができます。家具や電化製品、キッチンの付いた1ベッドルームで、バンクーバーのダウンタウンなど便利なロケーションにあるところでは1ヶ月につき1500〜2000カナダドル、都市郊外では1ヶ月に付き800〜1200カナダドルで利用できます。都市部の一般アパートでは、オール電化のシステムキッチンと冷蔵庫が備えられているところが殆どですが、エアコンが付いているところはあまり見かけません。地域によって違いがありますが、2〜3ベッドルームで月に600〜1200カナダドルが賃貸相場です。

滞在費は地域により異なりますが、バンクーバーを標準と考えると、ウィスラーやバンフなどのリゾート地では若干物価が高くなり、家賃や食費も割高となります。トロントでは物価は若干安くなります。夫婦2人の予算で、住居を都市部のアパートにした場合には光熱費と合わせて約1000カナダドル、食費は時々日本食を外食した場合約600カナダドル、交通費や趣味の遊行費、娯楽・生活雑費が700カナダドル、合計2300カナダドルとなり約23万円で生活ができます。

カナダ

カナダでは、温暖な春から秋までが過ごしやすい季節となる地域が多く、冬にはしっかりした防寒対策が必要ですが、ウインタースポーツの好きなシニアには絶好の滞在地となります。治安はとても安定しており、また人権意識の高い国で日本人海外ロングステイヤーにとっても優しく住みやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク