Top >  カナダ >  カナダの医療体制

カナダの医療体制

カナダの医療レベルは先進国の中でもかなり高く、医療設備も総体的に充実しており、医療技術も高く安心して治療が受けられます。主要な都市には日系人医師や日本人スタッフの常駐する医療機関も数多くあり、言葉の問題でも不安がなく、安心して海外ロングステイができます。

カナダの医療システムでは、病院は救急患者の処置や大掛かりな検査、手術を行うところであり、緊急以外では一般の外来患者は受け付けておりません。一般的な受診を行うには居住地区のクリニックにいるホームドクターに予約の上で受診し、ホームドクターの判断で専門医や病院を紹介してもらうシステムになっています。外国人旅行者の場合には、ウォーク・イン・クリニックという診療所が予約なしで利用できますが、一般のホームドクターと比べると治療費は割高です。

また、カナダの医療費は一般的に高額で、短期滞在の旅行者の場合には現地の医療保険には加入できませんから、事前に日本国内で旅行保険に加入しておくことが必要です。3ヶ月以上のビザを持つ外国人長期滞在者の場合には、国内の医療保険に加入することができますが、加入手続き後に保険が使えるようになるまで2〜3ヶ月かかるようです。

カナダでは、薬局で薬を購入する場合には医師の処方箋が必要で、持病のある場合や常に薬を必要とする場合には、あらかじめ英文の診断書や処方箋を持参しておくことが大切です。なお、頭痛薬や解熱剤などの軽い薬は処方箋なしでも購入することができます。

カナダ

カナダでは、温暖な春から秋までが過ごしやすい季節となる地域が多く、冬にはしっかりした防寒対策が必要ですが、ウインタースポーツの好きなシニアには絶好の滞在地となります。治安はとても安定しており、また人権意識の高い国で日本人海外ロングステイヤーにとっても優しく住みやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク