Top >  カナダ >  カナダの滞在ビザ

カナダの滞在ビザ

カナダへの入国では、日本国籍のある人が観光目的でカナダを訪れる場合、事前にビザなどの取得は必要ありません。 往復航空券と6ヶ月以上有効なパスポートを所持していれば、入国時に空港でオフィサーにパスポートを提示して入国目的を申告すると入国スタンプが押されます。この入国スタンプの日付から6ヶ月間が滞在有効期間です。

ただし、まれにスタンプの下に手書きで6ヶ月以内の日付けが記入されることもあり、その場合には記載された有効期限が滞在期限となります。これがビジターステータスと呼ばれるもので、一般的にビジタービザと言われているものです。ビジタービザでは6ヶ月以上の就学と就労については禁止されており、ビジターとして個人で入国する場合、まれに入国目的の申告時に充分な滞在費の所持証明を要求されることもあります。

ビジタービザの滞在延長は可能ですが、潤沢な資金を所持しているとか結婚して移民申請中などの特別な理由が必要となることもあり、あまり一般的な方法ではありません。カナダが気に入って長く滞在したい、もしくは海外移住したい場合には移民ビザを申請することになります。移民ビザは、起業移民や投資移民などの種別があり、それぞれ応募ポイントという判断基準が設けられております。カナダでは、自国に利益をもたらすことのできる、資金的な裏づけのあるこれらの移民申請については積極的に奨励しており、移住を考える場合には在日カナダ公館(大使館・領事館)へ事前の相談をすることが大切です。

カナダ

カナダでは、温暖な春から秋までが過ごしやすい季節となる地域が多く、冬にはしっかりした防寒対策が必要ですが、ウインタースポーツの好きなシニアには絶好の滞在地となります。治安はとても安定しており、また人権意識の高い国で日本人海外ロングステイヤーにとっても優しく住みやすい国です。

関連エントリー


スポンサード リンク