Top >  アメリカ合衆国 >  北米の海外ロングステイ候補地

北米の海外ロングステイ候補地

北米は地域が広大で、移住やロングステイの対象となる都市もそれぞれ多彩な魅力を持っています。オープンマインドなカリフォルニアや、海外移住・海外ロングステイ滞在地では常にランキングの上位をキープしているハワイ諸島、日本から近い多国籍都市のバンクーバーやカナディアン・ロッキーの雄大な自然を持つバンフ、様々な人種が交錯している国際都市のトロントなど、滞在目的に応じた選択の幅もかなり広がります。

それぞれが異なった魅力を持つ都市ですが、英語が共通語である、外国人の受け入れに寛容である、医療のレベルが高く設備も充実している、などのロングステイの大事な要素となる共通事項を持っています。自然の景観が美しい観光リゾートや国際的な大都市など、滞在中の楽しみや暮らし方、都市の性格などは異なりますが、街中のインフラや施設が充実しており、生活レベルが高いという点でも共通したものがあります。

北米大陸では、ハワイをはじめとして生活コストがアジアなどの他地域と比較するとかなり高くつきますが、北米でロングステイする場合には、滞在コストを抑えることを考えるよりも、むしろ何を楽しみに行くのかという滞在目的を主体として考えることで滞在地が決定するのでしょう。目的とする楽しみを設備の整った先進国で満喫する、そのためのロングステイですから、多少の余裕を持って臨みたいものです。

アメリカ合衆国

アメリカの大都市などでは治安の悪いところもありますが、カリフォルニアやハワイなど治安も良く自然の豊かな地域もあります。物価面では高めとなりますが、都市の充実した環境と自然を同時に楽しめる滞在地が多く、利便性を求める海外ロングステイヤーに人気の高い地域です。

関連エントリー


スポンサード リンク