Top >  ニュージーランド >  ニュージーランドの滞在ビザ

ニュージーランドの滞在ビザ

ニュージーランドの入国には、日本国籍もしくは在日韓国籍の場合、パスポートの残存有効期限が滞在予定日数に加えて3ヶ月以上あることが必要で、訪問者としての滞在が目的でその滞在が3ヶ月以内なら、ビザを取得する必要はありません。ビザなしで入国した後に3ヶ月を超えて滞在する場合には、ニュージーランド国内にある移民局で最大6か月の延長を申請することができます。延長手続きには、滞在1月につき1000NZドル程度の資金の証明、日本への復路航空券もしくは第3国への出国航空券、もしくはそれらの予約証明書が必要になります。

また、当初より3か月を超える滞在を予定している場合には、ニュージーランド在日公館(大使館・領事館)にて訪問者ビザの申請をする必要があります。申請には上記の延長手続きと同様の要件が必要になります。また、18ヶ月の期間内に合計9ヶ月までの滞在が認められており、連続して9ヶ月間の滞在をした場合には、その後の9ヶ月間は入国ができません。

※3ヶ月以上語学学校などに通う場合には、学生ビザの取得が必要です。

ニュージーランド

ニュージーランドは、氷河のフィヨルドや羊が草を食む牧草地など自然環境の豊かさに魅かれて訪問する日本人シニアの多い国で、海外移住・ロングステイ候補地としても今後より期待の高まる国のひとつです。日本に対する関心が高く、親日的な人が多いことから当地を海外ロングステイの滞在地に選ぶ人も数多くいます。

関連エントリー


スポンサード リンク