Top >  ニュージーランド >  ニュージーランドへの移住・ロングステイ

ニュージーランドへの移住・ロングステイ

ニュージーランドを訪れた日本人の平均金年齢層は高く約4割近くが50歳を上回ったシニア世代で、その殆どの人がニュージーランドの自然環境の豊かさに惹かれての訪問で、人の数より多いといわれる羊が草を食む広大な牧草地や火山、壮大な山並み、氷河によって形作られた美しいフィヨルドなど驚くほど変化に富んだ景観の自然が体感できることが、その一番の目的だといわれています。

また、夏の季節は気候も穏やかで、ちょうど日本が一番寒い季節がこの国のベストシーズンとなり、その時期に海外ロングステイするシニアも数多くいるようです。物価もオーストラリアと比較すると、2割近くは安いのも魅力のひとつとなっています。また、忘れてはならないのが、日本に対する関心が高く親日的で、日本人に対しても好感を持つ人が多いことから、当地を海外移住や海外ロングステイの地に選択する人も数多くいます。

ニュージーランドは、世界でも治安が比較的よい方にランクされており、町全体が清潔で暮らしやすい国ですが、スリや引ったくり、空き巣や車上荒らしなどの被害は都市部を中心に増えつつあります。特に日本人観光客が狙われやすく、高額の現金を持ち歩くなどしないよう、常に警戒は怠ることのないよう気をつけましょう。都市部では、貧富の差も大きく、また近年は以前に比べると、移住者の多い北島のほうが治安面で悪くなりつつある傾向があるようです。凶悪事件はあまり聞くことがなく、日本と生活するのとさほど違いを感じないくらい安全といわれておりますが、寂しいところや危険そうな雰囲気のするところ、夜の一人歩きなどは避けたほうが賢明でしょう。

また、ニュージーランドは禁煙を奨励している国で、公的な場所はすべて禁煙となり、レストランなどでも全面禁煙のことが多く、喫煙者にとっては肩身の狭い国です。ただしまったく吸えないのではなく、喫煙エリアも設けられておりますから、ロングステイの機会に節煙するか、思い切って禁煙にチャレンジするのもいでしょう。なお、お酒はそういった規制などはなく、有名なワインの産地もありビールも安い土地柄です。

ニュージーランド

ニュージーランドは、氷河のフィヨルドや羊が草を食む牧草地など自然環境の豊かさに魅かれて訪問する日本人シニアの多い国で、海外移住・ロングステイ候補地としても今後より期待の高まる国のひとつです。日本に対する関心が高く、親日的な人が多いことから当地を海外ロングステイの滞在地に選ぶ人も数多くいます。

関連エントリー


スポンサード リンク