Top >  台湾 >  台湾の滞在ビザ

台湾の滞在ビザ

台湾への入国は、日本人の場合、パスポートの残存有効期間が到着時に3ヶ月以上あることが必要で、観光での滞在が目的でその滞在が30日以内なら、ビザを取得する必要はありません。出国用(もしくは近隣第3国からの出国)の航空券か乗船券を所持していることが条件となります。ビザなしの入国では、30日期限以降の滞在延長はできません。

31日以上60日以内の滞在の場合は、短期滞在ビザを事前に取得する必要があります。申請は、最寄の台北駐日経済文化代表処査証部にて必要書類を添えて手続きします。なお、60日を超える滞在延長はできません。

【短期ビザの必要書類】
@パスポート
A写真2枚
B予約済みの往復航空券か乗船券、または便名を記載した領収書
C申請費用4400円(マルチビザは8800円)
D申請用紙1枚

台湾

台湾は、温暖で情緒的な景色と豊かな自然を持つ国で、かつて日本の統治下にあり今なお日本に対する憧憬と親しみを持つ人々の多い国です。治安も良く都会の利便性もあり、また親日度も高いことから、他のアジア諸国と比較すると多少物価は高くなりますが、日本人海外ロングステイヤーには人気の高い滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク