Top >  台湾 >  台湾の概要

台湾の概要

台湾は、日本の南西に位置する南北に細長く広がった島国で、沖縄とほぼ同緯度、与那国島とは110kmほどの距離にある温暖な気候の国です。国土の中央を通る北回帰線を挟み、北が亜熱帯気候、南は熱帯気候に分けられ、その北部では夏季を除けば比較的気温が低いのに対し、南部は冬季を除けば気温が30度を超えることが多くなっているようです。日本のようなはっきりとした四季はないようですが、四季の時期は日本とほぼ同様です。年間平均気温は、平地部と山岳地帯では大きな差がありますが、平地部では22〜23度と温暖な気候です。

日本との経済関係では、日本の台湾への輸出品目は、電子、電気機械、繊維、鉄鋼金属製品などが主で、台湾から日本への輸出品目は、電子、電気機械、化学品、鉄鋼金属製品と、ほぼ同品目のやり取りをしており、ハイテク国同士の貿易関係がよくうかがえます。IT分野では日本からの輸出が上回りますが、それによって日本の生産技術の導入が台湾にもたらされることになり、概ね良好な関係が維持されているようです。

かつて、日本の統治下にあった台湾は、今なお日本に対する憧憬と愛着を持っている人が多く、日本や日本人が好きだと口にして言う人がとても多いのです。そんな台湾を訪れた日本人の多くは台湾人が好きになります。過去の歴史的な経緯からも、対日感情は決して良くないはずですが、しかし現実には世界中で台湾ほど親日的な国は他にないほど親日的で、民間レベルでの協力関係も強く固い絆で結ばれているものがあります。

台湾

台湾は、温暖で情緒的な景色と豊かな自然を持つ国で、かつて日本の統治下にあり今なお日本に対する憧憬と親しみを持つ人々の多い国です。治安も良く都会の利便性もあり、また親日度も高いことから、他のアジア諸国と比較すると多少物価は高くなりますが、日本人海外ロングステイヤーには人気の高い滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク