Top >  バリ島(インドネシア) >  バリ島でのメディア

バリ島でのメディア

バリで日本のNHKを観る場合には、衛星放送の契約をする必要があり、NHKのオプションを含めて50万ルピア程度で、月々20万ルピアくらいの利用料がかかります。また、主だったホテルやレンタル・ヴィラなどでは衛星放送と契約しており、HNKを観ることができるようです。衛星放送では世界の番組が40チャンネルほど提供されているようです。

また、インドネシアのローカル放送は8チャンネルあり、バリではそれにバリTVが加わり様々な番組が提供されており、日本のアニメ番組などは相当数がインドネシア語に吹き替えられて放送されています。また、オーストラリアからの番組も放送されているようです。

日本の新聞は、シンガポールで発行された朝日新聞や読売新聞、日本経済新聞が空輸されて、定期購読の場合には当日中に宅配されます。日本語で発行される「ジャカルタ新聞」というローカル発行の日刊紙もあり、インドネシアのローカル情報を中心に日曜を除いて毎日発行されています。
その他、インドネシアやバリの日常や観光情報を掲載している「あちゃら」などの日本語情報誌もいくつか発行されており、日本食レストランや観光スポットなどで入手できます。

バリ島(インドネシア)

バリ島はインドネシアの数ある島々のひとつで、政情が少し不安定な首都ジャカルタのあるジャワ島とは違い、インドネシア唯一のヒンドゥ教徒が数多く暮らす島です。本島と比べて比較的安定した治安と多様な自然、リタイアメント・ビザ制度がバリ島の大きな魅力です。

関連エントリー


スポンサード リンク