Top >  バリ島(インドネシア) >  バリ島での滞在

バリ島での滞在

バリ島はインドネシアの数ある島々のひとつで、ジャワ島の東の端にあるとても小さな島です。インドネシアの他の地域とは違い、島民の90%がヒンドゥー教徒です。バリ島は、正式にはインドネシア共和国バリ州で、その面積は約6500kuで、東京都の2.5倍ほどにあたります。バリ州は8つの県からなり、南部のリゾートエリアにある州都のデンパサールやヌサ・ドゥアはバトゥン県、ウブドはギャニャール県に属します。年間の平均気温は約30度ですが、キンタマーニなどの山岳部は18〜24度と平地部と比べると涼しく、出かけるときは薄手のセーターなどが必要となることもあります。

バリ島の魅力の一つは多様で鮮やかな自然が存在しているということです。のどかな田園風景、そそり立つ火山、素晴らしい南海の美しさと水平線に沈む真っ赤な夕日、豊かに実るフルーツ、熱帯植物が生い茂るジャングル、優雅で華麗なバリ芸能、緩やかに流れるガムランの調べ、そんなバリ島ではバリ・ヒンズー教に根差した文化の中でゆっくりと時間が流れています。

州都のデンパサールは、50年以上にわたりバリ島の発展と繁栄を支えてきたバリ州の中核都市であり、急速な発展を遂げたアジアの都市に共通した、喧騒や混沌とした雰囲気がその特徴です。バリ島の公用語はインドネシア語ですが、バリ人同士の会話ではバリ語が使われることも多いようです。外国人が利用する地域などでは英語でも通用することが多く、最近では日本語を話す人も増えているようです。

バリ島(インドネシア)

バリ島はインドネシアの数ある島々のひとつで、政情が少し不安定な首都ジャカルタのあるジャワ島とは違い、インドネシア唯一のヒンドゥ教徒が数多く暮らす島です。本島と比べて比較的安定した治安と多様な自然、リタイアメント・ビザ制度がバリ島の大きな魅力です。

関連エントリー


スポンサード リンク