Top >  バリ島(インドネシア) >  インドネシアのKIATASビザ

インドネシアのKIATASビザ

インドネシアが奨励しているビザで、主にリタイアして年金受給者である外国人をターゲットにした優遇ビザです。KIATASビザを取得すると、準インドネシア人扱いとなり、運転免許証(有効期間1年)の取得や銀行口座開設などが容易に行えます。有効期間は1年で、滞在条件が継続している限りは更新が可能です。取得方法は以下のいずれかを選択出来ます。

1.インドネシアに入国後に申請し、許可が下りた後に第3国にあるインドネシア在外公館で取得する。

2.日本で「ホリデー・ランシア」というリタイヤビザ希望者の為の短期ビザを取得後にインドネシアに入国、インドネシア国内で申請し、KIATASビザに切り替える。

【取得条件】
@申請時に55歳以上であること。
Aパスポートの有効期間が18ヶ月以上あること
B配偶者や子供が同行する場合、同条件で子供は未婚で16歳以下のこと。
C年金受給証明書(1500USドル以上/月)か同額以上の収入もしくは利子を証明する公的証書。
Dインドネシアで有効な健康保険、死亡保険、第三者に対する損害保険に加入していること。
Eバリ島内指定区域に、3万5千ドルの不動産物件を購入するか、月500ドル以上の物件を賃貸すること。
F婚姻証明書。
G履歴書 。
Hインドネシア人の1名以上の雇用証明書。
I申請手数料や在外インドネシア公館での取得手数料。
Jインドネシアスポンサー側での必要書類。

バリ島(インドネシア)

バリ島はインドネシアの数ある島々のひとつで、政情が少し不安定な首都ジャカルタのあるジャワ島とは違い、インドネシア唯一のヒンドゥ教徒が数多く暮らす島です。本島と比べて比較的安定した治安と多様な自然、リタイアメント・ビザ制度がバリ島の大きな魅力です。

関連エントリー


スポンサード リンク