Top >  タイ >  チェンマイでのロングステイ

チェンマイでのロングステイ

チェンマイはバンコクから北へ約700キロのタイ北部に位置し、かつてはランナー王国の都として栄えました。周りをミャンマーや中国、ラオスに囲まれ、現在でもチェンマイ人同士の会話にはチェンマイ語を使う、独特の文化を持った古都です。深い山々の麓にある地形から、自然と都会がうまく調和して発達したタイ北部最大の都市で、北方のバラとも呼ばれ、多くの人々を惹きつける魅力を持っており、外国人の観光客も数多く訪れています。

チェンマイは、日中は暑く年間平均気温は26度とバンコクよりも2度ほど低く少し涼しい気候です。日中は暑くほぼ30度を上回りますが、山間部に位置することから朝夕の冷え込みが激しく、乾季には10度を下回ることもあります。街の規模はそれほど大きくはありませんが、ホテルやショッピングエリアも充実し都会の条件は一通り備えています。城壁の残る歴史的な街の佇まいは、バンコクとは違いどこか懐かしさの漂う落ち着いた風情があり、チェンマイ市民の穏やかな人柄に魅かれ、日本から海外移住を果たしたロングステイヤーの人たちも数多く滞在しています。

タイ

タイは、日本との関わりも深く同じ仏教国であり、治安も安定していることからすでに数多くの移住者やロングステイヤーが滞在しています。食生活も米食を主体としたスタイルで馴染みやすく、微笑みの国と呼ばれるタイの人々の親しみやすい人柄もあり、海外ロングステイ候補地として大きく注目されている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク