Top >  タイ >  タイでの住まい-ホテル、コンドミニアム、不動産など

タイでの住まい-ホテル、コンドミニアム、不動産など

タイの主要な都市では、家具電化製品一式つきのコンドミニアム、家具電化製品一式でメイドサービス付きのサービスアパートメント、家具の付いた一般の賃貸アパートメント、一軒家など様々な賃貸物件があります。家賃もタイ人向けのエアコンなし水シャワーといったアパートなら最低数千バーツ程度からありますが、そうした一般アパートではNHKやバスタブのないところも多く、エアコンや給湯設備なども自分でよく確認した上で契約する必要があります。

また、コンドミニアムやサービスアパートメントなどキッチン付きの住居でも、ガス設備はなく電気設備が一般的です。ロングステイで暮らす場合には、セキュリティを第一に、快適さや交通の利便性も考えた住居選びが大切です。チェンマイでは一軒家も視野に入りますが、バンコクでは一軒家を賃貸することは一般的ではありません。ホテルやサービスアパートメントなどで、部屋の掃除や洗濯、炊事などのメイドサービスが必要な場合には、メイドを頼むことができます。報酬はその仕事内容によって3千〜7千バーツ程度で、中には日本語を少し話せたり日本料理が作れるメイドもいるようです。

また、タイでは外国人の土地取得が認められていませんので、不動産の購入はコンドミニアムが対象となります。ワンルームタイプで最低100万バーツ程度からありますが、利便性や快適さを考えると300万バーツ以上の物件となるでしょう。その場合、購入資金は日本の銀行から外貨建てで送金することが必要です。

【タイのホテル検索/予約/料金の詳細】

タイのホテルタイのホテル

タイ

タイは、日本との関わりも深く同じ仏教国であり、治安も安定していることからすでに数多くの移住者やロングステイヤーが滞在しています。食生活も米食を主体としたスタイルで馴染みやすく、微笑みの国と呼ばれるタイの人々の親しみやすい人柄もあり、海外ロングステイ候補地として大きく注目されている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク