Top >  タイ >  タイの医療体制

タイの医療体制

タイの医療レベルは非常に高く、日本や欧米の医療先進国で医学を学んだ医師が数多くおり、バンコクをはじめ海外ロングステイの対象となるような都市では、設備の整った国公立や私立の一流病院が数多くあります。国公立病院では、治療費が安くどこもいつも混雑しており、場合によっては受診だけで一日が終わってしまうようなこともあり、海外ロングステイの場合には設備が整って受診がスムーズにいく一流の私立病院がお勧めです。

最新の医療設備とホテルのようなサービスを備えた私立病院では、24時間体制での診療システムになっています。そうした病院には日本語を話す医師も少なくなく、日本語通訳も待機していて安心度は相当高いです。ただし治療費も高く個人負担することは大変で、旅行保険があればキャッシュレスでの治療が保障されることからも、事前の旅行保険への加入が必須です。

また、タイでは暑気と呼ばれる一番暑い時期には平均気温は30度を超え、時には40度にもなることもあり、日射病や暑気あたりに充分注意する必要があります。水分の補給も大切ですが、水道水は飲料には適しておらず、必ずペットボトル入りの飲料水を購入しましょう。雨季の湿度の高い季節には、食中毒に充分注意しましょう。

タイ

タイは、日本との関わりも深く同じ仏教国であり、治安も安定していることからすでに数多くの移住者やロングステイヤーが滞在しています。食生活も米食を主体としたスタイルで馴染みやすく、微笑みの国と呼ばれるタイの人々の親しみやすい人柄もあり、海外ロングステイ候補地として大きく注目されている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク