Top >  タイ >  タイの滞在ビザ

タイの滞在ビザ

タイへの入国は、日本人の場合、出国用の航空券を所持していれば30日以内の滞在ではビザ取得の必要がなく入国できます。パスポートの残存有効期限については正式な規定はなく、滞在日数に見合う残存日数があれば入国できるようですが、滞在延長することも想定して、残存日数が6ヶ月を切っている場合には新しいパスポートを取得しておくのが望ましいです。

バンコク市内のデパート(セントラルワールドプラザ)30日以上の滞在には、観光ビザを取得することで、シングル60日×1回、ダブル60日×2回、トリプル60日×3回、まで滞在することができます。いずれも60日以内に一度の滞在延長(30日)が可能で、数次ビザの場合にはその延長期限内に一度出国して再入国することが必要となります。トリプルの場合には、各回延長すれば、最大で270日以内の滞在となりますが、その間に2回の一時出国を挟まなければならず、また必ずしも申請通りのビザが許可されるわけではありません。各延長手続きは最寄の入国管理局で行うことができます。各回の一時出国では、ラオスやマレーシアなど周辺国への小旅行を兼ねるのがいいでしょう。

長期のロングステイとなる場合には、タイでは年金ビザとロングステイビザの2つの制度があります。いずれのビザも滞在が90日を超える場合には、3ヶ月ごとに入国管理事務所に所定の滞在報告を提出する必要があります。

タイ

タイは、日本との関わりも深く同じ仏教国であり、治安も安定していることからすでに数多くの移住者やロングステイヤーが滞在しています。食生活も米食を主体としたスタイルで馴染みやすく、微笑みの国と呼ばれるタイの人々の親しみやすい人柄もあり、海外ロングステイ候補地として大きく注目されている滞在地です。

関連エントリー


スポンサード リンク