Top >  移住地選びのお役立ち情報 >  ロングステイ先の食生活−日本食レストラン

ロングステイ先の食生活−日本食レストラン

最近では、海外の大きな都市では、日本食レストランは必ずといっていいほどありますが、寿司も天ぷらも丼モノもまかなってしまう駅前食堂のような「何でもありの日本料理店」だけのところから、国や都市によっては、寿司屋、天ぷら専門店、焼肉屋、蕎麦屋、ラーメン屋など多岐にわたる専門店が相当数出店しているところもあります。

その客層も日本人ばかりではなく、現地の人々にも日本食は人気があるようです。寿司屋などは回転寿司方式で出店しているところも多く、カリフォルニアロールなどその地ならではの食材を使った現地オリジナルの寿司や現地でしか獲れない海産物を楽しむこともできます。

ただ、そうした日本食レストランでの食事は多少は割高になりますから、回数が重なると必然的に食費も高くなり、滞在費に占める食費の割合が高くなってしまいます。食費のコストを下げるために現地料理を食べても満足できない場合には、日本料理を自炊で作るという選択もあります。

移住地選びのお役立ち情報

海外移住やロングステイを計画している国の気候やビザ制度、住まいとなる施設の費用や物価、生活費がどのくらい掛かるのか、食生活はどうなのか、日本食材や日本食レストランはあるのか、治安、医療、生活環境、交通事情など、日本とは異なることが多々ありますから、あらかじめ調べたり理解しておく必要があります。

関連エントリー


スポンサード リンク