Top >  オーストラリア >  パースでのショッピングとレストラン

パースでのショッピングとレストラン

パース市内にはマイヤーやデビッド・ジョーンズなどの大手のデパートがあり、シティと呼ばれる街の中心はパースで一番賑わう界隈で、マレー・ストリートとヘイ・ストリートの間にはいくつものショッピングアーケードが拡がり数多くの店が軒を並べています。また、大規模のショッピングモールは市街地から少し離れた郊外に数多くあり、大手のデパートやスーパーマーケットを中軸にレストラン街、専門店街、フードコートに映画館などが揃っています。サウス・パースにあるシティ・ウエスト・センターやベルモット・アベニューのベルモットフォーラムなど、パースのショッピングモールは日本のように高層ではなく、土地が広く安いことからどこも2〜3階建てで横に大きく広がっています。

殆どのショッピングセンターは日曜日が休みで、特別な許可を受けたスーパーマーケット以外は営業できないことから、週末にはフリーマントルやスビアコなど至る所でウィークエンドマーケットが開かれますが、特にフリーマントルのマーケットは大きく、週末には多くの人々が集まります。新鮮な果物や野菜、魚介類、雑貨などスーパーマーケットよりもかなり安く購入することができます。

パースでは、その国際色豊かな住民構成から日本食材に限らず世界中の食材が気軽に手に入りますが、日本食材は醤油や味噌、インスタントラーメンやお菓子など基本的なものは殆どのスーパーマーケットでもそろえています。スーパーフジや日本フードなどの日本食材専門店では殆どの日本食材が手に入りますし、アジア食材店でも品揃えが充実しています

人口の割合に対してレストランの数がオーストラリア一のパースでは、外食が盛んで市内外にあるレストランやフードコートはどこもパース市民や観光客で賑わっています。ビーチサイドでは、近海で取れた魚介類が楽しめるレストランが数多くありますし、シティ駅の北側に位置するノース・ブリッジにはオージー料理をはじめイタリアンやグリーク、タイ、和食やシーフードなどのレストランが建ち並びます。また、パース郊外のフリーマントルやスビアコには洒落た雰囲気のカフェやレストランが多くあります。

郊外のショッピングセンターや街中に多く点在しているフードコートでは、移民の多いパースらしく中華やイタリアン、アジアンフードなど多国籍な料理をパース市民に混じって手軽に味わえますし、ファストフードも様々な種類があり、オーストラリア・ローカルのハンバーガーショップ、ハングリー・ジャックなどではアメリカ資本の店とはひと味違ったハンバーガーが楽しめます。

日本食レストランはパース市内だけではなく郊外にもあり、カジュアルなレストランではテリヤキや刺身、寿司、天麩羅、丼物、麺類などがパース市民にも親しまれており、パースでは特にテリヤキチキンは日本食の代名詞になっているほどです。ランチにビジネスマンが気軽に入れるセルフサービスの大衆的なレストランやチェーンの回転寿司、また上品な高級日本食レストランもあり、ジャパニーズフレンチやモダンジャパニーズ、本格的な会席料理と多様な日本食レストランが数多くあります。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク