Top >  オーストラリア >  オーストラリアでの食生活

オーストラリアでの食生活

オーストラリアは、イギリスをはじめヨーロッパ諸国からの移民が集まっている国であり、近年ではアジアを中心に世界中から移民を受け入れており、そのため食文化も多彩で国際色豊かな料理を手軽に楽しむことができます。また、オーストラリアでは、食肉類、海産物、野菜や果物、穀物などそのほとんどを国内の生産で賄える自給率の高い恵まれた国で、移民が多い国柄から各国の食材も数多く取り揃えられており、作られる料理も多様です。

オーストラリア(オージー)料理は、英国料理がベースとなっており、それにイタリアなどからの移民が食文化を持ち込み、オーストラリア独特の料理として発展してきたものです。オーストラリア独特の料理としては、カンガルーやワニ、エミューなどを使った料理があります。オーストラリア人は一般的に、鶏肉や豚肉、牛肉、羊肉、兎肉などの肉料理をよく食べ、バーベキューやロースト料理はオーストラリアの一番ポピュラーな料理とも言えます。それに対して昔は魚介類はあまり食べることがありませんでしたが、近年、特に様々な国の文化が流入するに伴い、沿海の新鮮な海産物を使ったシーフード料理なども豊富になってきました。

オーストラリアでの定番のカジュアフードといえば、ハンバーグやホットドックではなくビーフなどの挽肉入りミートパイで、ファストフード店やテイクアウェイショップなどで気軽に買えるカジュアルフードです。また、伝統的なイギリスのフィッシュ&チップスなどもファースト・フードの代表的な食べ物です。

大きなショッピングセンターなどにはフードコートが併設されており、オージー・ミートパイやピザ、フィッシュ&チップス、中東のケバブ、日本食、インドのカレー料理、アジア系の麺やご飯などオーストラリアらしく多国籍な品揃えで、またマクドナルド、サンドイッチのサブウエイ、KFCなどのインターナショナル・ファストフードチェーンなども入っており、手軽に食事するのに適しています。

多民族国家のオーストラリアでは、イタリア料理やギリシャ料理、フランス料理などのヨーロッパ系料理から、中華料理やベトナム、タイ、マレーシア、日本料理などの多形態のレストランが数多くあります。最近では、オーストラリア料理に各国の料理をミックスしたモダンオーストラリア料理というジャンルもできて様々な食事が楽しめます。

近年、オーストラリアでもヘルシー志向が高まっており、それに伴って日本食への関心も高まり、日本食を楽しむ人が増えているようです。都市部では、フードコートなどの手軽な料理以外にも寿司のテイクアウェイショップが街のいたる所にあり、本格な和食からラーメン屋や寿司の専門店まで数多くの日本食レストランが揃い、日本食にも不自由しません。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク