Top >  オーストラリア >  オーストラリアでの住まい

オーストラリアでの住まい

オーストラリアでロングステイ、もしくは移住する場合には、様々な住まいの形態があり、一軒家も、平屋のものから数階階建てなどさまざまで、中には地形を生かして半地下の部屋を作るなどの個性的な建物もあります。テラスハウスという2〜3軒連なった長屋式の住居は都市部周辺に多く、内装をリフォーム済みのところが多く人気があります。

タウンハウスは、テラスハウスと同形態で郊外にあることが多く、小さな庭が各戸についており、共有の公園やプールなどを敷地内に設けているところもあるそうです。セミ・デタッチド・ハウスという一軒家を中央で仕切り左右が独立した2つの住居となっているタイプの家もあります。

日本で言うところのマンションやアパートなどの集合住宅のことをフラットと言い、高層マンションタイプから3〜4階建ての低層タイプがあり、部屋のタイプは、ワンルームから1〜3ベッドルームまであり、家具付きで貸し出している物件もあり、部屋の付帯設備や公共設備、価格などはそれぞれまちまちです。

こうした物件は、基本的には6ヶ月以上の契約が必要で、それ以下の滞在ではアパートメントホテルやホリディアパートメントでの滞在が一般的です。数週間程度の滞在には家具や電化製品、メイドサービスなどの設備が整ったアパートメントホテル(ホテルコンドミニアムやサービスアパートメントと同様)が快適ですがその分費用もかかります。

1週間程度から数ヶ月の滞在には、ホリデーアパートメントという家具や電化製品の付いたアパートが便利で、暮らしに必要な基本的なものは揃っていますし、入居に際して面倒な手続きもなく、すぐに暮らし始めることができます。1ヶ月以上の長期の賃貸では大幅な割引をするところもあり、ホテル暮らしより快適で予算もリーズナブルです。

また、一軒家や大きなフラットをルームシェア用に貸し出しているところもあり、食事つきのホームステイやファームステイ、一般的なホテル、車での移動にはモーテルタイプのキッチン付きホテルが便利ですし、バックパッカーズというベッドのみの個室でトイレなどは共用の格安宿泊施設などもあり、目的と滞在日数などにより選択することが必要です。

賃貸物件は、日本の賃貸情報誌のようなものはなく、新聞の賃貸情報で捜すか不動産屋で探すことになりますが、「For Rent」などの掲示をしている物件もありますので、自分の滞在したい地域を実際に見てまわるのもひとつの方法でしょう。また、日本人の多い地域などでは、日本食レストランや日本食材店などに情報掲示のある場合が多く、そうしたところでこまめに探す方法もあります。

オーストラリア

オーストラリアは、最近の海外移住・ロングステイ人気国のベスト3に入るほど人気の高い国で、温暖で過ごしやすい気候と清潔な街並み、安定した物価や医療レベルの高いことがその主な要因です。親日度も高く人懐っこいオーストラリアの人々の人柄に魅かれて海外移住する日本人の多い国でもあります。

関連エントリー


スポンサード リンク