Top >  フィリピン >  マニラの住まいと滞在費

マニラの住まいと滞在費

マニラでは、セキュリティが良く設備の完備した都心の2LDKの高級コンドミニアムで月約4万ペソくらいから、中級の少し経済的なところで月約3万ペソくらいです。マカティにある設備の充実したサービスアパートメントだと、月5万ペソほど掛かります。高級住宅地域にあるビレッジの3LDKの一軒家だと月に6万5千ペソ以上は見ておかなければなりません。比較的短期の場合には、一般的なホテルにミニキッチンが付いたものが1泊2000ペソくらいから利用できます。

同じマニラ圏でも、少し郊外出るだけで、物価も下がり住居の賃貸価格相場も下がります。快適で経済的な2LDKのコンドミニアムで月2万5千ペソくらいからあるようです。また最近、空港から約23kmの郊外に、日本向けの海外ロングステイアパートの施設が作られ、家具や電化製品にキッチンと生活に必要なものはすべて揃い、施設内には診療所などの充実した設備と日本語サービスを備え、2LDKの一番小さな部屋で日本円で5万円を切るリーズナブルなところも登場しました。

マニラでの概算滞在費ですが、夫婦2人の予算で、郊外に住み住居費を少し抑えた場合には、光熱費と合わせて月3万ペソ、食費は時々日本食など外食した場合で約2万ペソ、交通費や趣味の遊行費と雑費が2万ペソ、合計7万ペソとなり約14万円強で一般的な生活ができます。

フィリピン

フィリピンは、日本からも近く温暖で豊かな自然がある国で、リタイア後の年金を中心として暮らすには、物価も安く経済面でも大きな魅力のある国です。治安面でやや安定さにかける地域もありますが、海外移住・ロングステイの候補地となるような地域では、一般的な防犯意識を持っていればさほど心配することのない国です。

関連エントリー


スポンサード リンク