Top >  フィリピン >  フィリピンでの住まい-ホテル、サービスアパートなど

フィリピンでの住まい-ホテル、サービスアパートなど

フィリピンの住宅は生活レベルにより居住地域がはっきり分けられており、貧困層といわれる人たちが住むスラム街から一般市民が住む住宅地、富裕層が住む高級住宅地まで生活レベルにより違いがあります。日本人の海外移住者やロングステイヤーがフィリピンで滞在する場合には、コンドミニアムかサービスアパートメント、ビレッジと呼ばれるセキュリティの完備した高級住宅区域内の一軒家に住むのが一般的です。セブなどのリゾート地域では、ホテルでのロングステイもその対象になります。

コンドミニアムは、24時間の警備システムがありセキュリティも整った、家具や電化製品が揃ったキッチン付きの集合アパートで、高級なところでは1年以上の契約が必要ですが、中級レベルのところでは6ヶ月程度の比較的短期でも借りられるところもあるようです。

サービスアパートメントは、コンドムニアムと同様の集合アパートで、ホテルのような清掃、シールの取替え、タオルの交換などのサービスがあるホテルと同様のサービスがあるアパートです。賃貸期間が柔軟なのが魅力で、賃貸住宅やコンドミニアムのような最低賃貸期間に縛られることがなく、1週間単位からの利用が可能です。

高級住宅区域内の一軒家の場合、その住区域全体を塀で囲い、出入り口にはゲートを設けて出入りする者をチェックし、また住区域内を巡回するようなシステムをとっており、セキュリティが万全なことからフィリピン人の富裕層も多く住んでいるようです。

フィリピンへの海外移住を計画している場合には。その割安さから住宅の購入も視野に入れて検討する場合もあるでしょう。しかし、フィリピンでは外国人名義で1戸建住宅を購入する事ができず、購入する場合には信頼できるフィリピン人の名義を借りることになります。日本人の移住者やロングステイヤーの場合、基本的にはコンドミニアムの購入となります。

フィリピンでは、人件費の安さという特徴から、夫婦で滞在する場合には家事労働の負担をなくする意味で、気軽にメイドが頼めるという利点もあります。賃金は月3000から4500ペソですから、それほど負担にもなりません。

フィリピン

フィリピンは、日本からも近く温暖で豊かな自然がある国で、リタイア後の年金を中心として暮らすには、物価も安く経済面でも大きな魅力のある国です。治安面でやや安定さにかける地域もありますが、海外移住・ロングステイの候補地となるような地域では、一般的な防犯意識を持っていればさほど心配することのない国です。

関連エントリー


スポンサード リンク