Top >  フィリピン >  フィリピン特別居住退職者ビザ(SRRV)

フィリピン特別居住退職者ビザ(SRRV)

フィリピンのリタイアメントビザには、他国の同様のビザにはない特徴があり海外移住を視野に入れた実質上の永住ビザとなっています。資産の要件もそれほど高くなく、しかも35歳から申請できるところに特徴があり、他国の同様のビザと比較すると、その取得条件はかなり容易になっています。ビザの期間は無期限です。

■他国のリタイヤメントビザにはない特典
@.ビザ取得後は永住権が得られ、再入国許可なしに自由に入出国ができる。
A.免税で 7千USドル相当の家具、電気製品、身の回り品を持ち込むことができる。
B.現地銀行に預金した5万ドルを土地や株式に投資運用できる。
C.現地銀行に預金した5万ドルの利子は無税になる。
D.フィリピンで新規事業の設立ができる。
E.現地銀行に預金した5万ドルの利息、投資による配当などの保証。
F.生活向上に関してアフターフォロー。
G.病院の紹介、メイド、運転手、介護ヘルパーの斡旋と相談。

【取得条件】
@満35歳以上であること(配偶者並びに21歳未満の子を同行可)
APRA(フィリピン退職庁)指定銀行にUSドルで35〜49歳は7.5万USドル、50歳以上は5万USドルを6ヶ月以上定期預金すること。なお、3人目の扶養家族から、1人につき1.5万USドルの追加が必要。

【申請必要書類】
・申請書
・パスポート
・健康診断書
・写真
・指定銀行の預金証明書
・無犯罪証明書
・婚姻および出生証明書(配偶者・子同行の場合)

フィリピン

フィリピンは、日本からも近く温暖で豊かな自然がある国で、リタイア後の年金を中心として暮らすには、物価も安く経済面でも大きな魅力のある国です。治安面でやや安定さにかける地域もありますが、海外移住・ロングステイの候補地となるような地域では、一般的な防犯意識を持っていればさほど心配することのない国です。

関連エントリー


ブックマークをする

スポンサード リンク